オリジナルポロシャツを発注する時は一度に大量発注するとお得

サイトマップ
ポロシャツを着た男性

ユニフォームとしてのオリジナルポロシャツ

飲食店や雑貨店など、最近では素人でも小規模の路面店などをイベントでやる事もありますよね。その時に案外困るのがユニフォームでは無いでしょうか?イベント中だけの営業なので別に普段着でも良いと言えば良いのですが、やはりお客さんとの区別をつける為にもユニフォームがあると良いです。そこでオススメなのがオリジナルポロシャツです。
普通のポロシャツだと従業員がお揃いで着ていても、お客さんと被る場合があります。しかしオリジナルのポロシャツであればそんな心配はありません。表裏に大きめにショップのロゴなどをプリントしておけばパッと見で従業員である事が分かります。これはお客さん側にもメリットがありますのでオススメです。
ただ、イベント期間中だけしか着ないのに大金を出してオリジナルポロシャツを作って貰うのはちょっともったいないですよね。ですのでネットショップなどで無地の安いポロシャツを数枚買って、そこにプリントして貰うのがオススメです。いくつかのネットショップでは少額でオリジナルプリントをしてくれるサービスを行っているところがあります。
そういったところを利用すれば一着当たり千円~二千円でオリジナルポロシャツを作る事が出来ます。これなら普通にポロシャツを買うのと大して価格は変わりませんので、気軽にオリジナルポロシャツを作れます。

オリジナルポロシャツで協調性を高める

作業着としても用いられるポロシャツは企業などでも取り入れている場合も少なくはありません。そこでおすすめなのが社名などを入れることが出来るオリジナルポロシャツです。制服などで社名が入っているものとそうでないものでは、着用する方の意識は大きく異なります。企業を発展させるためには、社員の協調性が大切となり、オリジナルのポロシャツを着用しているだけで、社員としての意識が高まると言えます。
インターネットでも簡単にオリジナルポロシャツを依頼することができ、ベースとなるポロシャツのカラーなどを選択し、社名を入れるだけといった簡単なものから、イラストや文字まで徹底的にオリジナルを目指すものなど、用途に合わせて依頼することが出来ます。
また、オリジナルポロシャツを依頼する業者によっては、依頼する個数が多いほど、一枚辺りにかかる単価が安くなる仕組みになっている場合も多いので、企業などで社員のためにオリジナルポロシャツを依頼する場合には、サイズなどを様々に多目に依頼することで、お得にオリジナルポロシャツを手に入れることが出来ます。社名の入っている制服は協調性を高め、社員としての意識を高めることも期待できます。企業発展のためにも依頼してみることをおすすめします。

オリジナルポロシャツ作成の流れ!

初めてオリジナルポロシャツを作る方の中には、作り方がわからないなど、心配をしている方も多くいるのではないでしょうか?決して難しい事ではありません。簡単にオリジナルポロシャツを作る事が出来ます。そこで今回はオリジナルポロシャツの作成の手順を紹介していきたいと思います。
【オリジナルポロシャツの作成】まずはオリジナルポロシャツを作成してもらう所を決めます。色々な店舗などがあるので、自分の気に入った所を選ぶと言いでしょう。
【オリジナルポロシャツの素材を選ぶ】ポロシャツの生地を選ぶ事から始まります。いくらデザインがよくても、素材が悪く着心地が悪ければ着なくなってしまいます。ですので、素材選びの際に生地の質を確認する事も大切な事になります。
【量を決める】注文の量を決める事で、見積もりもたてやすくなるので、あらかじめ決めておくのも大切な事になります。また大量に注文をした方が単価が安くなる場合もあります。
【デザインの作成】オリジナルポロシャツを、注文する際には、これが最も大切な事になります。このデザインの善し悪しでポロシャツの出来にも左右される事になりますので、慎重に決めていきましょう。
【まとめ】オリジナルポロシャツを作成するには、このような手順で注文をしていきます。是非、お気に入りのオリジナルポロシャツを作成して見てください。

TOP